留学への気持ちが止まらない
2017年9月15日

少人数制のボーディングスクールを選ぼう

ボーディングスクールは、名門校が多く質の高い教育を受けることが出来るため、人気を集めています。

どのボーディングスクールに通おうか悩まれている方も多いかと思いますが、一人一人に丁寧な教育を実施している少人数制の学校がおすすめです。

少人数制の学校として挙げられるのが、1906年に創立した小さな男子校であるTheOxfordAcademyです。男子校ということからも分かるように、全校生徒は48名程度で少人数教育を徹底しています。

こちらの学校の特徴は、授業を1対1で行い1回の授業時間を20分と短くしていることです。この20分間の授業の後は1時間の自習時間があり、生徒のやる気を起こさせる勉強方法として注目されています。

少人数制の学校なので授業中にわからないことがあればわかるまで質問出来たり、自ら勉強する自主性を身につけることが出来ます。続いておすすめのボーディングスクールは、1983年に創立されたTheWoodhallSchoolという男子校です。

違う高校ではなかなか力を発揮できなさそうな生徒が集まり、一人一人に合った学習方法で勉強します。大学進学率も高く、人数が多い学校に通うことに不安を感じる方におすすめです。

このように、少人数制のボーディングスクールは勉強や学校生活に関するきめ細かいサポートを受けることが出来ます。そのため、ボーディングスクール選びで悩まれている方がいれば視野に入れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です