留学への気持ちが止まらない
2017年7月31日

サマーキャンプで学ぶこと

最近のサマーキャンプでは、いろいろな形態があります。
昔のサマーキャンプでは、実際のキャンプ場で集団生活を送ることを意味していましたが最近ではその様相が変わってきています。
もちろん、昔からある実際のキャンプ場で集団生活や自然の中での生活の方法を学ぶものもあります。
最近のサマーキャンプは、海外への語学学習や学習塾が主催するホテルでの夏期講習的なキャンプなど様々なものがあります。
また地方の田舎や里山で生活し、昔ながらの生活を体験するものもあります。
この田舎体験型のサマーキャンプは、両親の何れかが地方で生活した経験をもち現在は都市の住んでいる場合、子供にも親自身が体験したことを自分の子供にも体験してほしいといったことから、かなりの人気があるようです。
いづれのサマーキャンプであっても、子供にとっては「口うるさい親」から離れることで、のびのびとした時間を過ごせるようです。

また、親元を離れることで、逆に親の大切さを感じるお子様もいるようです。
そして集団生活を送ることで、自分自身の役割など、子供にとっては学ぶことがたくさんあります。
都会などで生活する子供さんは毎日の塾や習い事など、サラリーマンなみに忙しいともいわれています。
そうした生活から離れることは、子供にとっての息抜きにもなります。
いろいろなことを学び、体験し、心をリフレッシュできます。
そこで学び体験したことは、学校生活では得ることができない大切なものとなり、人生のなできっと役立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です